What Time??


2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

エクステリア

フォト

カテゴリー

新着記事

天気予報

無料ブログはココログ

« 職人事件簿(未亡人編) | トップページ | 職人事件簿(ヤ○ザの組長宅 前編) »

2006年12月11日 (月)

職人事件簿(コギャルヒッチハイク編)

たしか・・・あれは8年ほど前の12月の出来事でした・・・・・

所沢市内の現場を頼まれてしまったのですが・・・

これくらいの距離ってホント一番厄介なのです。

泊まりでやるほど遠いとゆうわけでもなく、

かといって毎日通うとなると結構大変!

 

朝8時に現場に着く為には、4時に起きて、

5時には自宅を出ないといけないのです・・・

 

(--)・・・毎日夜遅くまで事務仕事してるのに・・・

そんな早起きするのムリだ・・・・(××)

・・・仕方ない・・・そこで私は前の日の晩(12時頃)に家を出て、

現場に着いたら8時まで仮眠し、

それから作業をするとゆう作戦に出たのでした!!

 

・・・初日・・・2日目・・・3日目・・・4日目・・・5日目・・・6日目・・・・・

順調に作業も進んでいたある日、その事件は起きたのです(@@)

私は今日も普段通り、夜の12時頃、自宅を出発しました・・・

所沢といっても狭山湖の近くの現場だったので・・・

14号線を東京まで走り、そのまま青梅街道に乗り・・・

途中から西へ進むとゆうルートで通っていました。

夜なので高速は一切使わず、ひたすら一般道を突き進んでたのです!

   

・・・それは・・・私が新宿を過ぎてしばらく走ったあたりで、

信号待ちをしていた時です。

 

(ん?あれ?なんだろ?

ひょっとしてオレに向かって手を振っているのか?)

前方の交差点にいるコギャル二人が何かを叫びながら

私に向かって手を振っています。

 

すぐさま私は路肩にトラックを停めました・・・

すると・・・コギャル達は私のトラックに向かって走ってきたのです。

(もしかして家出少女か?)

コギャルA「お兄さんっ!ここ真っ直ぐ行くの?」

「そうだけど。」

コギャルA「じゃ、ちょっと高円寺駅まで乗せてって!!」

コギャルB「ねっ!お願いっ!!」

はぁ?ナニ言ってんだ?こいつら!

まぁでも時間もあるし・・・まっいっか~♪(^3^)

それに・・・ひょっとしたら、ひょっとして~♪(^3^)

 

「いいぜ!乗れよ!!」

コギャルA・B「きゃ~ありがと~♪」

てゆ~か・・・・高円寺駅ってどこなんだ?

今居るとこさえロクにわからないのに・・・・

でも・・・まっ何とかなるか~♪(^3^)

 

私はコギャル二人を乗せ、夜のドライブへと出発いたしました・・・

「なぁ、いつもこんなことしてんの?

ど~すんの、どっか連れてかれたら!危ないじゃん?」

コギャルA「全然、だいじょ~ぶだから。トラックの運ちゃんて

みんなやさしいし、今までそんなことなかったよ。

まっ、でもそ~なったら、そ~なったときで(笑)!」

バカだ・・・・こいつらバカだ・・・

こんなことしてたらいずれ危険な目に遭うかもしれないのに・・・

もしかしたら今日がその日かも・・・くっくっくっ・・・)

 

「自分ら、年いくつ?」

コギャルA「私17!こっち(コギャルB)もタメ!」

「17??学校とか行ってないの?」

コギャルB「行ってるよ!でも、通信制の高校だから

学校行くのは月に3日くらいだし。」

(はぁ?3日?そんなんで、高校生といえるのか?)

コギャルA「お兄さんはいくつなの?」

「オレ?オレはね~、お前らより14コ上だね!」

コギャルA「14コ?てことは・・・えぇ~と・・・

33?34?・・えっ!21?」

コギャルB「あっ!!36歳だ?」

(はぁ~~~ん??・・・バカだ・・・

こんな計算も出来ないなんて・・・本当にバカだ・・・

こんなやつらに高卒の資格なんて与えちゃいけません!!)

 

「高円寺行ってナニすんの?」

コギャルA「う~ん。ナニすんだろ?

友達がいっぱい集まってるからさ~

とりあえず、合流してからって感じ!」

(なんですとっ!!高円寺に行けば女の子がたくさん?

むふふ・・・こりゃ今日はムリだとしても、後々のためにも、

なんとかどちらかの携帯番号くらいは聞きださねばっ!)

 

・・・・そして数分後・・・・・

 

コギャルB「あっ!!そこの信号、右曲がったとこが駅だからっ!!」

「えっ!?もう着いたの??意外と近かったね~。」

・・・私は駅前に向かってトラックを走らせました。

「しばらく毎日あの道通るからまた無料タクシーやってやろうか?」

コギャルA「マジで~じゃ今度呼び出すから(笑)!」

(よし♪なんとかイケそうだ・・・くっくっくっ・・・)

・・・・・・・・・・と、その時です!!

 

コギャルB「あっ!あそこにみんないる♪」

「えっ?どこどこ(^^)♪♪」

コギャルBが指さしたその先にいたのは・・・・・・・・・

    

「げっ!!も、もしかして、、、、あ、あれっ??」

    

オーマイガ~~~ンッ!!!/( ̄□ ̄;)\

    

な、なんとそこにいたのは・・・・・・

見るからにタチ悪そ~な不良少年たちが・・・・・・

ひぃ、ふぅ、みぃ・・・・い、いっぱいっ・・・・

(これが噂のチーマーなのか?)

 

コギャル達が声をかけます・・・・・

コギャルA・B「お~いっ!!こっち、こっち~!!」

うわっ!!ば、ばかっ!!・・・・・( ̄□ ̄;))

 

何人かの不良少年が、コギャルに気が付き・・・

私のトラックに向かって歩いてきました・・・・・

 

い、いか~ん!!

もし、ヘタに彼らを刺激してしまったら・・・

間違いなく殺られる!!(--メ)

 

しかも・・・今日の私の財布には諭吉が5枚ほど・・・

ひょえ~!このままでは、

オヤジ狩り身を持って体験させられてしまう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハメようとするつもりが・・・(^3^)

逆にハメられてしまうとは・・・・orz

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

や、やばいっ!!((゜0゜;))

とっさに身の危険を感じた私はすぐさまトラックをUターン!

そしてドアをロックし・・・

そのままロータリーの外へ、いちもくさ~~~~ん!!!

   

ブオオオオ~~~~~~ン。。。。。。

     

コギャルA「おいこらっ!オッサン!!

てめえどこ行くんだよっ!!」

お、オッサンって・・・・( ̄□ ̄;)

さっきまでお兄さんて呼んでくれてたじゃないの・・・君たち・・・(; ;)

コギャルB「てめぇ!早く降ろせよっ!!」

うっせ~こらっ!!

そのへんで降ろしてやるよっ!!」

コギャルA「はぁ??マジムカツクぅ!!

この・・・ピー・・・!!」

「はぁ?このガキッ!!

おまえらマジで・・・ピー・・・!!」

コギャルA「はぁ?ざけんなよっ!!・・・ピー・・・!!」

「おめえら今度会ったら・・・ピー・・・!!」

 

・・・・・・・・・・・・・(放送事故発生)・・・(--;)

 

コギャルたちがトラックの中で暴れだしはじめました・・・

私は駅から百メートルほど離れた場所で

コギャルたちをトラックから降ろすと・・・

そのまま少年たちが追いかけてこないことを祈りながら・・・

アクセル全開でその場から逃げ出したのでした・・・

 

 

 

ふう~。。。。。。-V( ̄o ̄;)

た、助かった~・・・・・・

まぁ、いざとなったら、トラックの荷台には

バールやら大ハンマーなどの武器になるもの(商売道具)は

積んではあるのですが・・・

1人対10数人でケンカをする根性は私にはございません・・・(; ;)

   

そして・・・なんとか、人気のない場所まで来たのはいいのですが・・・・

ただでさえどこ走ってるのかわからなかったので・・・

もう、すっかり道に迷ってしまいました・・・orz

いったいここはどこなんだ~~~っ??

 

 

ホントに東京は恐ろしい街です。

その後・・私は泣きながら、

ひたすら夜の東京をさまようことになるのでした・・・(--;)

 

see you(^^)w

« 職人事件簿(未亡人編) | トップページ | 職人事件簿(ヤ○ザの組長宅 前編) »

02:職人事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 職人事件簿(未亡人編) | トップページ | 職人事件簿(ヤ○ザの組長宅 前編) »