What Time??


2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

エクステリア

フォト

カテゴリー

新着記事

天気予報

無料ブログはココログ

« 職人事件簿(ヤ○ザの組長宅 前編) | トップページ | 名古屋走り »

2006年12月20日 (水)

職人事件簿(ヤ○ザの組長宅 後編)

前回までのあらすじ・・・・・・・は、

前回の記事を読んで下さい!ぷぷぷっ(^3^)

   

でわ後編スタート!!

悩みに悩んだ結果・・・とりあえず私は念には念を入れ・・・

メーカーの営業マンを連れ出し、

二人で組長さん宅に向かうことにしました・・・・・

 

・・・そして運命の日・・・・・

ブォ~~~~~~ン・・・・キィッ!!・・・・バタン!!

組長宅に到着すると、家の前では舎弟の方が

ベンツSLのオープンカーを洗車してました。

(舎弟の朝はいつも洗車から始まるのか??)

 

「おはようございますっ!!

この度は大変ご迷惑をおかけしましたっ!!m(--)m」

舎弟「あ~おはよう!兄貴にさぁ~

10時までは起こすなって言われてんだよね~。

ぱぱっと直しちゃってよ!」

(むむっ??相変わらずこの人はイイ感じの人だぞ・・)

営業「わかりましたっ!!急いで修理いたしますっ!!」

案の定、営業マンも腹の底から声を張り上げてました。くっくっくっ・・・w

 

早速、私と営業マンは作業を開始しました・・・・

カチャカチャ・・・カチャカチャ・・・・・

営業「あぁ~これかぁ~??このモーター壊れてる!」

「はぁ?ちょっと勘弁してよ~、それ最初から壊れてたってこと?」

営業「たぶん。これ新品に換えれば直るんじゃないかな?」

「そんじゃ、組長が起きて来ないうちにさっさと交換しちゃってよ。」

カチャカチャ・・・カチャカチャ・・・・・

営業「よし!!これでOK!!」

「ふぅ~f^^;; よかった~。。。そんじゃあ、とっとと帰りますかぁ~♪」

 

・・・・・私達がすっかり安心しきっていた、その時です!!・・・・・

 

組長「おお~ごくろ~さ~ん#」

げっ!しまった!組長が起きてきやがった・・・

いや、お目覚めになられた!!

 

組長は雪駄にステテコに腹巻姿で階段を下りてきます。

(これで寝てんのか??)

そして・・・髪型はお約束の強制パンチ(--メ)!!

しかも・・・膝から下と、肩から手首にかけては・・・

ひぇ~(><)これまたお約束の・・・

「お絵描き」がぁ~( ̄□ ̄;)

<ちなみに組長さんは身長180cmくらいあります。

すごい威圧感です・・・>

 

「あっ・・・あっ・・・どど、ど~も・・・

こ、この度は大変、ご、ご迷惑を・・・・・」

組長「この門付けたのおまえか?」

「はは、はい!!わわ、わたくしでございましゅ・・」

・・・・と、私が言いかけたとたん、組長の右手が私の股間にっ!!

「あいででででででっ!!!」

組長が私のキ○タマを手加減なしで握り潰そうとしています!!

(はぅ!はぅ!死ぬっ!死ぬぅ~~~~~)

組長「おまえはこんないい加減な仕事しといて

金とる気かっ?(--メ)」

「すびばせん・・・すびばせん・・・ほんとすびばせん・・・・・」

目からは今にも涙が溢れ出しそうです・・・

 

・・・と、そこへ・・・・営業マンの助け舟が・・・・

営業「すす・・すみません・・・今回は施工のミスではなく、

部品が最初から壊れておりまして・・・」

ヤクザに言い訳など通用するはずがございません!!

今度は営業マンの股間めがけて組長の右手がっ・・・・・

営業「あいででででででっ!!!」

組長「おまえんとこはこんな不良品

売りつけてんのかっ??(--メ)」

キ○タマを握られたまま、

体ごと上に持ち上げられてしまってます・・・(痛そう・・・)

営業「すびばせん・・・すびばせん・・・ほんとすびばせん・・・・・」

やはり、営業マンの目にも涙が・・・

てゆ~か、すでに泣いてます(; ;)

 

私達二人はただひたすら頭を下げました・・・・m(--)m(--)m

 

組長「まぁいいや。もう直ったんだろ??

もうおまえら帰ってもいいぞ!

もし今度動かなくなったら潰すから。」

(へっ??つ・・・潰すって・・・門扉を??

それとも私達のキ○タマを??)

冗談なのか本気なのか?

組長のジョークはまったくわかりませんっ!!

 

組長は最後には笑いながら見送ってくれました・・・・

・・・とりあえず現場を後にし、近くのコンビニの駐車場で反省会です。

 

生死を友にした二人にはなぜか奇妙な友情が芽生えました・・・

まぁホントにタマを潰すことはありえなかった?と思いますが・・・

その場にいた本人達はあまりの威圧感に・・・

ホントに命の危険を感じていたのでした・・・

 

でも・・・・もし、この時タマを潰されてたとしたら・・・・

 

私は今頃、新宿歌舞伎町で

ハードゲイとして働いてることでしょう・・・

\(●●)/セイセイセイ・・・・・

 

see you(^^)w

« 職人事件簿(ヤ○ザの組長宅 前編) | トップページ | 名古屋走り »

02:職人事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 職人事件簿(ヤ○ザの組長宅 前編) | トップページ | 名古屋走り »